トップページへ  トップページへ

◆学校紹介

 トップページへ
学校長挨拶
沿革
校訓・校章・校歌
制服
教育課程表
進路指導
学校経営計画
校内ガイド
交通アクセス
 
 

 学校長挨拶 

広島県立大竹高等学校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
 さて,本校は,広島県西部の大竹市にあり,大正10年に大竹女子実業補修学校として創立され,今年度で100年目を迎える歴史と伝統ある総合学科の全日制高等学校です。
 生徒たちは,3年間の本校での教育を通じて社会の中で生きていくための基礎・基本を身につけるとともに,個性を見出し,自分にふさわしい生き方を選択していっております。
 また,日々の授業や学校生活の中で試行錯誤を繰り返し,様々な体験を積み重ね,自己実現を目指して生活しています。そこで,本校の教職員は,これらのことを的確に支援していくのが,教育の重要な役目だと考え,日々生徒と真正面から向き合いながら教育活動を実践しています。
 また,校訓「自主,協調,誠実,責任」のもと,地域に愛され,信頼され、選ばれる学校づくりに取り組んでいます。

 本年度本校のめざす学校像は次のとおりです。
 1 誰もが安心して生活できる学校
 2 笑顔あふれる活気のある学校
 3 自分の第一志望が実現できる学校
 4 地域の発展に貢献できる学校 

生徒には守るべき,3つの「時間を守る」「服装を正す」「挨拶をする」を毎日,実践すべく指導しております。社会に出ても基本的な事項を「当たり前のことを当たり前にできる」生徒を目指しております。
 本校は,これまでの輝かしい歴史と伝統を礎に,新しい時代を担う人材の育成をめざし,教職員一同,全力で取り組んでいく所存でございます。
 

令和3年4月 学校長 増 田  隆